インナーチャイルド 〜いじめ編〜

インナーチャイルド の例を出してみます。

いじめです。


いじめを受けた人、いじめちゃった人、両方に心の傷が残っているかもしれませんね。


思い出すヒントになるかと思うので
参考までに私のをあげてみます。
 

小学校の時、3年間同じ先生が担任でした。

感性を大事にし
自由に満ちた教育をしてくれる先生。

毎日にように外に出かけ
咲いている花を観察したり

気になるものを調査したりして
理科や社会を学びました。



経験で得た感動を絵にしたり、
詩にしたり、物語にしたりしました。

感動を通して学べるので
芸術的でとても楽しかったのですが


なぜか私は
先生からイジメられていました。


絵描き歌を黒板に書かれ
ひどいあだ名をつけられ
みんなの前で馬鹿にされ、嗤われる日々。


いじめられる理由がわかればいいのですが、わからずじまい。

真面目にしてるのに
なぜそんな見せしめに合うのかわからなくて、ただショックで悲しかったです。


もう1人いじめられてた男の子が
少しキザで泣き虫だったんですね。


その子がもしキザな性格のために
いじめられてるとしたら

きっと自分にも嫌なところがあるんだ!と思い  


できるだけ自分を出さないよう
悪い所が見つからないよう
気をつけるようになりました。
  

そうして、本当の自分から
どんどん離れていったように思います。
   

大人になってみれば
先生はただ
ふざけてただけかもしれません。


でも子どもによっては
ココロの傷になることもあるのです。



こんな風に書くと
今でもツラく感じてると思うかもしれませんが、今では痛みもなくなりました。


一悟術ヒーリングを受けて数回で
そのツライ想いは
スッと消えてしまったのです。


「自分は人に嫌われる存在」
と思いこんでいた根っこの部分がなくなり、急にココロが軽くなったのを覚えています。



藤田みのり





♦︎子どもの頃のツライ気持ちを癒したい方は、体験ヒーリング をぜひお試しください。心が軽くなりますよ^^










 




<本当の自分を出して、自由に楽しく生きる道> 藤田みのり (一悟術ヒーリング・感情カウンセリング )

本当の自分がうまく出せない、つい人に合わせてしまうあなたへ。 実体験やこれまでの学びをもとに、自然な、素の自分になっていくヒントをお伝えしています。

0コメント

  • 1000 / 1000