悩みがいつのまにかなくなるカウンセリング?

先日、感情カウンセラーの友人と、通常セッションの練習をしました。


通常セッションは、カール・ロジャーズの来談者(クライアント)中心療法に基づくセッションです。


「悩みに対する答えは、クライアント自身が知っている」という考えをベースに、クライアント自身が自分で悩みを解決したり、感じやすくなる場を提供しています。



今日も色々な悩みごとを相談しました。というか、つらつら勝手に話しました(笑)


というのも、感情カウンセラーはアドバイスはしてくれないのです。


ふんふんと聞いてくれたり、
時折質問をしてくれるだけ。


自分で話しているうちに、
「あっ、そうか!」と気づいたり、
悩みがどうでもよくなったりします(笑)


また自分で自分の悩みを見ていくうちに、思いの外、深いところにアプローチしてたりします。


今日も自分の中にある「怖れ」が色々でてきました。


1人だと、やっぱり怖いので、なかなかその深さのことに向き合えないのですが、

カウンセラーがいることで、色んな「怖れ」に気づくことができました。



安心できる人が側にいることで、普段は感じられないところを見れるのも魅力です。


セッション終わってしばらくすると、すごーく軽くなって、表情まで変わるのも不思議。



悩みって、それだけ人をギュッと固くしちゃうんですね。



悩んでいる方、よかったらお試しくださいね♡


最後までお読みいただき、ありがとうございます。



藤田みのり






<本当の自分を出して、自由に楽しく生きる道> 藤田みのり (一悟術ヒーリング・感情カウンセリング )

本当の自分がうまく出せない、つい人に合わせてしまうあなたへ。 実体験やこれまでの学びをもとに、自然な、素の自分になっていくヒントをお伝えしています。

0コメント

  • 1000 / 1000