怖れの気持ちにかられたときは

変化するときは
不安や怖れがつきもののようです。


これまでの自分の範囲を超えるのだから怖くなるのは当然…。


怖いとつい目を背けたくなるけれど


ちょっと踏みとどまって
「怖い」と認めてあげるのが大事なようです。


怖がってもいいんです。
それだけのチャレンジをしてるのだから。


怖いことを認めた上で
何を怖がってるか、見てみてください。


「怖れ」って、自分では太刀打ちできないように感じるけれど、それは錯覚にすぎません。


所詮は自分から出たもの。
自分より大きいものはありません。



怖さに近づいて感じながら
怖れの元を捕らえるつもりで
何を怖がっているのか見定めてください。


「自分が怖いと思いこんでいるものは何だろう?」と質問してもいいかもしれません。



答えが出たら、書きとめるといいでしょう。



「◯◯になるのを怖がっている」など
出てきたものを書き出してみる。


そして、◯◯の部分が本当に怖いのか感じてみてください。



例えば、
「失敗するのを怖がっている」
「お金がなくなるのを怖がっている」

と出たとしたら、



「失敗するって、本当に怖いのかな?」
「お金がなくなるって、本当に怖いのかな?」と見てみる。



そうすると、思ってるより怖くなかったと気づいたりしますよ。



ただ「怖い」って言葉が
怖くしているとこもあるようです。(笑)



ついでに、この◯◯の部分を受け入れると、怖れはスッと消えたりします。



例で言えば
「失敗してもいい」
「お金がなくなってもいい」
と決めきる感じでしょうか。



怖れより、自分の意志が勝った時に
怖れは消えるようですね。



よかったら、試してみてくださいね。






藤田みのり







<本当の自分を出して、自由に楽しく生きる道> 藤田みのり (一悟術ヒーリング・感情カウンセリング )

本当の自分がうまく出せない、つい人に合わせてしまうあなたへ。 実体験やこれまでの学びをもとに、自然な、素の自分になっていくヒントをお伝えしています。

0コメント

  • 1000 / 1000