わたしから見えた世界7 〜好きの原風景〜

(わたしから見えた世界と題して、プロフィールがわりに自分のことを書いています。)


子どもの頃に夢中になったもの、ありますか?


私はドッジボールでした。


小学校3〜4年の時に、2つ上の姉達を中心に、うちの前の道路で、ドッジボールがブームになりました。



毎日、学校が終わると近所の子ども達(幼稚園〜小6まで)が集まり、夕飯時まで遊んでいました。


最初は数人だったのが、
噂を聞きつけたのか、どんどん人が集まり、かなり遠くから来るようになりました。しまいには、隣の学校の子や時には中学生までやってくるようになりました。



そんな盛り上がりぶりを
周りの大人も温かく見守り、
隣の犬のジュンも首を左右にビュンビュン振りながら、ボールの行方を目で追って、楽しそうにしていました。



今思い返して、
一体何が楽しかったのかと思うと


単純にボールを追いかけるのが
好きだったんですよね。

遠くまで転がると大変なのだけど、
なぜか追いかけるのが楽しい。



そして、相手の動きを読んで逃げたり、ボールをとったりすることにも、
快感を覚えてました。


また、パスを上手に回して、
ベストな状況を作るのにも面白さを感じていました。


そして何より
小さい子から大きな子まで楽しみながら、自然とどんどん規模が拡大していくことに、喜びを感じていたように思います。




まとめると好きの要素は

・好きなものを追いかけること
・相手の動きを読むこと
・協力して、ベストの状態を作ること
・楽しさに惹かれて様々な人が集まり、自然と輪が拡がっていくこと

だったかも。



こういう要素って、
大人になってもあまり変わりませんね。





これからも、好きの原風景を大切にしていきたいと思った、振り返りでした。




藤田みのり










<本当の自分を出して、自由に楽しく生きる道> 藤田みのり (一悟術ヒーリング・感情カウンセリング )

本当の自分がうまく出せない、つい人に合わせてしまうあなたへ。 実体験やこれまでの学びをもとに、自然な、素の自分になっていくヒントをお伝えしています。

0コメント

  • 1000 / 1000