全能感と無能感

最近、自分が全能感を持っていたことに気づきました。


子どもの頃、魔法使いやヒーロー・ヒロインに憧れてたのですが、


万能であれば
失敗することも、傷つくこともない。

「自分は何でもできる」と思いこむことで、心の安心を得ていたようです。(笑)


一方で全能感があると
上手くいかないときに
「こんな筈はない…」と疑念が起きます。


本当はできるはずなのに
できないのは自分の努力が足りないから、

周りが悪いから

と自分や他人を責めたり、

自分の無能さを余計に感じたりする。




できることもできないこともあるのがあたりまえなのに、

不要な自己否定を生み出してしまうんですよね。




全能、無能と極端にならず


できることはただでき、
できないことはただできないと


フラットに捉えられるように
していきたいと思います。



藤田みのり







<本当の自分を出して、自由に楽しく生きる道> 藤田みのり (一悟術ヒーリング・感情カウンセリング )

本当の自分がうまく出せない、つい人に合わせてしまうあなたへ。 実体験やこれまでの学びをもとに、自然な、素の自分になっていくヒントをお伝えしています。

0コメント

  • 1000 / 1000