わからないの海を泳ぐ

わからないことがあると
楽しいですか? 不安ですか?


わからない状態を楽しめれば
よいですが


不安や怖れがでる場合、

「わからない」状態のままは不安なので、何かの型に当てめようとするようです。


1人の人の中にも
実は色んな面があります。


優しいところも、厳しいところも、
いい加減なところも、ユニークなところもある。


でも、色々な面があるというのは
何が出てくるか怖いので、


つい「○○な人」と
型にはめてしまいがちです。


例えば、「Aさんは忘れっぽい」と
型にはめてしまうと

いい加減な所ばかりが目についたりします。



「Bさんはしっかりしている」と
型にはめると

ちゃんとしているとこばかりが見えやすくなる。 




型にはめ合うと安心なので

Aさんは忘れっぽいキャラを
Bさんはしっかりもののキャラを演じ、人間関係までパターン化していったりします。



次第に自分で自分のことを
忘れっぽい人、しっかりした人と
定義づけたりする…。



そうやって「わからない」の不安から
固まりができてくる。



これを変えていくには
「わからない」を楽しむこと。


わからないことがいっぱいある
ことを知って


相手の新しい面を見つけていく

自分の新しい面を見つけていく

新しい関係性を探っていく


そうすると
お互いに本当の自分を出し合えて

関係は変わりながらも
自由にありのままに進んでいく



わからない中で生きるって
こんな感じなのかもしれない




藤田みのり















<本当の自分を出して、自由に楽しく生きる道> 藤田みのり (一悟術ヒーリング・感情カウンセリング )

本当の自分がうまく出せない、つい人に合わせてしまうあなたへ。 実体験やこれまでの学びをもとに、自然な、素の自分になっていくヒントをお伝えしています。

0コメント

  • 1000 / 1000