怒りの元の気持ち

昨日、ある人と話していたら
急に温度があがり、
怒りをぶつけてくるのを感じました。



しばらく話を聞いていたら
その怒りの元は

「がっかりしたくない」気持ちであることに気づきました。


過去にあった、
悲しかったこと、寂しかったこと、
悔しかったことと
同じ気持ちを味わいたくない…


そういう必死の抵抗が
怒りとなってあらわれたのだ
と思います。



結局本人の希望通りに
行かなかったのですが

ダメなことがわかると
急にテンションが下がり
あきらめモードになりました。



この満たされなかった心の傷は
インナーチャイルドと言いますが

こんな風に怒りとなって出ることもあります。


何に反応して怒ったのかがわかれば
過去をたどって、その元の傷を癒すこともできます。


でも深い傷ほど怒りや悲しみの気持ちが強く出たり、痛すぎて無反応になりやすく、辛かった過去をリアルに思い出したり、自分で癒すことは難しくなります。


なので私の場合は、エネルギーワークを用いて、癒しを促しています。



溜まっている感情は感じることで
クリアになれるので

心(潜在意識)は似たような場面をつくり、感じてもらえる機会を作り出します。

そこで元の気持ちを感じられれば
傷は癒えるので
有難いことではありますが

感じられないと
何度も同じようなことを引き起こします。


「感じて欲しい」という気持ちがより強くなるので、
無視できないような状態になることが多いです。


今回の方はきっと
同じようながっかりしそうな場面で
怒りを発してしまうのでしょう。


繰り返せば、
クレーマーにだってなりかねません。



本当は自分の傷を癒すために起きていることが、
今度は誰かを傷つける方に向かう訳で
何とも残念です。



過去にとらわれるのはやめて、
今ある喜びや楽しみに
目を向けられるようになれたらなぁ
と願わずにはいられません。








もし、コントロールできない感情にお困りな方は一悟術ヒーリングや感情カウンセリングがお役に立てるかもしれません。

ぜひ、ご相談くださいね。




藤田みのり






<本当の自分を出して、自由に楽しく生きる道> 藤田みのり (一悟術ヒーリング・感情カウンセリング )

本当の自分がうまく出せない、つい人に合わせてしまうあなたへ。 実体験やこれまでの学びをもとに、自然な、素の自分になっていくヒントをお伝えしています。

0コメント

  • 1000 / 1000