屋久島の苔むす森に佇んで

屋久島の旅から帰ってきました。


旅の2日目、朝4時に宿を出て
白谷雲水峡へ。


他のメンバーはさらに奥に行くので
私1人ゆっくり森の中を歩くことに。




2時間ほどして
目的地の苔むす森へ。




1時間ぐらいのんびりした後、
上に登りかけたのですが


赤ちゃん連れの猿の群れがいて
ご飯を食べたり、
毛づくろいをしたりしていて





後ろから来たガイドさんが

威嚇して猿を脇へどかしてくれたのですが

自分は急いでないので

再び苔むす森へ。






ここでさらに1時間のんびりしました。

同じ森でも日のさしかたで
かなり雰囲気が変わります。



時々瞑想したり、うたたねしながら
1人森の中をぼーっと佇むと


蝉の大合唱が聞こえたり
小鳥が近くで鳴いたり
朝日を感じたり


静けさの中に溶けこむようでした。





倒れた木の上に苔が生え、
新たな芽が吹き出し、
別な命が出て来るさまを見ていたら


この世にあるものは、あたりまえに存在していて、分離できないほど、与えあい影響しあう命なんだ…


様々な命は重なりあって
一つなんだ…



というのが心に沁みてきました。


森の生命力に力をもらい
元気にさらに上へ。




太鼓岩まで登ると、絶景が‼︎



全てが小さく見え、

体はどんどん軽く元気になっていったのでした。







藤田みのり





<本当の自分を出して、自由に楽しく生きる道> 藤田みのり (一悟術ヒーリング・感情カウンセリング )

本当の自分がうまく出せない、つい人に合わせてしまうあなたへ。 実体験やこれまでの学びをもとに、自然な、素の自分になっていくヒントをお伝えしています。

0コメント

  • 1000 / 1000