一悟術能力者インタビュー 5/6

一悟術メールマガジンでインタビューを受けましたので、転載します。


ヒーリングを受ける前〜後の変化について載せていますので、ご興味ある方は参考になさってくださいね。


(※一悟術の無料メールマガジンは、
こちらからご購読いただけます♪)





■一悟術能力者インタビュー

今回は藤田みのりさんへのインタビューです。

連続6回のうち第5回となる今号は、
ヒーリングを受けて体験した変化について語ってくれています。

=======================
藤田みのり ヒーラー 神奈川県在住 活動歴1年4か月
http://www.naturabi.space/
=======================

・外面的な変化も大きかったそうですね。

はい。会社に勤めたり、都会の横浜に住むことになりました。

以前ならありえない感じでしたが、自分としてはハードルの高かったことから優先して徐々に取り組んでいきました。

環境を変えたおかげで、主体的になりやすくなりました。

群馬の実家を出て一人で暮らしていると、一人で撰択したり決めたり、
自分でやらなきゃいけないことが多くなったので。


ヒーリングを受けて、世の中が見えるようになった分、人の気持ちの揺れや怒りの感じがリアルにわかるので、怖さが増したところもありました。

おっかなびっくり色々見ながら、でもできるところをチャレンジする感じで、さぐりさぐりやっていきました。

安全なところから自分の感情を出したり、認めるところをやりながら、ちょっとずつ生きる場所を増やしていった感じです。


感情を感じて減らしつつ、自己否定を減らして自己肯定を高めていって、いろんな人や場所が大丈夫になるのを積み上げていった感じです。



・今振り返ると徐々に良くなっているのは明らかですが、その時、主観的にはどう感じていましたか。


たしかに最初は感情も出てつらかったし、自己否定も出てたので、受けたのに全然変わってないし、逆にきついじゃないかみたく思った時もありました。

向き合うのがつらいなと思う時もありましたが、ある時、それまで純粋に喜ぶという感情が味わえなかったのが、

悲しみを感じ切って、純粋に喜びの感情が出てきた時にすごくうれしくなりました。

そのへんから楽しくなっていきました。


その時は、ヒーリングを受けてから4、5年経っていたでしょうか。

それ以前も楽しいことはたくさん増えていて、味わっているんですが、その時、純粋な喜びだけまでいけました。


前に話した心理プログラムに、「私は私であることが幸せ」と言う課題があって、以前は全然実感を伴って言えなかったのが、当たり前に言えたこともありました。


以前は口で言っても言ってもそうは思えなかったのが、自然に思えるようになったというか、気づいたらそれが普通みたいになってました。

その時はすごくよかったなぁと思えました。


いろんな自分が出たけど、他の人にはなりたくない、自分をやっていきたいと思いました。

観念の書き換えとかもさらっとできたりするので、根っこが取れてると違うんだなと思いました。






(インタビュアー:祇場駿矢)


※第1回はこちら 
※第2回はこちら 
※第3回はこちら 
※第4回はこちら 





藤田みのり









★本当の自分を生きたい方へ★

心の状態をクリアにするパワフルなツールを提供しています。




<本当の自分を出して、自由に楽しく生きる道> 藤田みのり (一悟術ヒーリング・感情カウンセリング )

本当の自分がうまく出せない、つい人に合わせてしまうあなたへ。 実体験やこれまでの学びをもとに、自然な、素の自分になっていくヒントをお伝えしています。

0コメント

  • 1000 / 1000