朝のリレー

今朝、ひと足先に神社に参拝し、
大祓をお願いしました。


あちこちで大掃除が始まっているからでしょうか。

全体に空気が澄んでいる気がします。



一斉に世界中で
次の年への準備が行われていることを
考えても

地球はひとつのものとして
回っているのだなーと思います。



この時期になると
小学生の時に習った、
谷川俊太郎さんの詩を思い出します。


               
 「朝のリレー」

 カムチャッカの若者が
 きりんの夢を見ているとき
 メキシコの娘は
 朝もやの中でバスを待っている
 ニューヨークの少女が
 ほほえみながら寝がえりをうつとき
 ローマの少年は
 柱頭を染める朝陽にウインクする
 この地球で
 いつもどこかで朝がはじまっている
 ぼくらは朝をリレーするのだ
 経度から経度へと
 そうしていわば交換で地球を守る
 眠る前のひととき耳をすますと
 どこか遠くで目覚時計のベルが鳴ってる
 それはあなたの送った朝を
 誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ

(谷川俊太郎「谷川俊太郎詩集 続」思潮社 より)




自分の住んでいる場所を
それぞれがきれいにして

地球全体が新しい朝を迎えるんですよね。


そう思うと、
大掃除の張り合いがちょっと出る気がします。(笑)





藤田みのり








<本当の自分を出して、自由に楽しく生きる道> 藤田みのり (一悟術ヒーリング・感情カウンセリング )

本当の自分がうまく出せない、つい人に合わせてしまうあなたへ。 実体験やこれまでの学びをもとに、自然な、素の自分になっていくヒントをお伝えしています。

0コメント

  • 1000 / 1000