人にあわせてしまうこととバーストラウマの関係


昨日は、人にあわせてしまうこととインナーチャイルドの関係について書いてみました。


では、さらにバーストラウマとはどのような関係があるのでしょうか?


バーストラウマとは
お母さんのお腹にいる時から、
生後3ヶ月までの
満たされなかった想いや心の傷のことです。


出産が母親にとって大変なように、
赤ちゃんにとっても
生まれでることは一大事です。


ご飯や酸素が自動的に与えられた
温かなお腹の中から、


細くて暗い産道を通り
人によっては逆向きになってひっかかったり、

へその緒が巻きついたり
頭を引っ張られたり

まだ心の準備ができてないのに薬などで無理やり出させられたりします。


また、陣痛や出産に伴い
酸素や血液の供給が途絶えることは、 

赤ちゃんにとって
死を覚える恐怖だそうです。


水中出産や自然分娩であれば
これらの負担は少ないですが、


一般には不安や怖さ、苦しさ、
生まれた直後に母親から引き離された疎外感などから、

「自分は生まれてきてはいけないのではないか?」
「生きていてはいけないのではないか?」

という存在否定を心の奥深くに
植えつけられてしまうのです。



このバーストラウマはインナーチャイルドのベースとなります。


「生まれてこない方がよかったのでは?」と思いがちな子ほど

自分のやりたいことが叶えられなかったり、傷つけられたときに、

自己否定に気持ちが向いてしまいます。


そして弱い自分がさらに傷つけられないように、

人にあわせることで
防御しようとしてしまうのです。





藤田みのり






<提供しているメニュー>


大多数がバーストラウマ(生まれてきたときの心の傷) により「自分は生まれてきてはいけなかったのではないか⁉︎」という自己否定・存在否定を抱え、本来の自由な自分が発揮されない状態に縛られています。
この不安、怖れ、自己否定の元になる幼い頃の心の傷(バーストラウマ・インナーチャイルド)の35%以上をエネルギーで癒すヒーリングです。






   ① 通常セッション 
   (悩み解消の糸口や心の整理に♪)

   ②トレーニングコース
   (感情のクリアリング法をマスターする)


























<本当の自分を出して、自由に楽しく生きる道> 藤田みのり (一悟術ヒーリング・感情カウンセリング )

本当の自分がうまく出せない、つい人に合わせてしまうあなたへ。 実体験やこれまでの学びをもとに、自然な、素の自分になっていくヒントをお伝えしています。

0コメント

  • 1000 / 1000